読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コマンドプロンプトでMD(MKDIR)コマンドを使ってみる

コマンドプロンプト

MDコマンドはフォルダ(ディレクトリ)を作成します。 MKDIRコマンドでも動作は同じです。

一般的な使い方としては

MD 作成するフォルダ名

になります。

以下のフォルダがあったとして

MD upload

uploadフォルダが作成されます。

MD upload\2014\08\01

DIR /AD /B /S upload *1

uploadから01までの間にある2014や08のフォルダを事前に作成する必要はなく、 上記のコマンド一回の実行で全てのフォルダを作成します。*2

MD upload\2014\08\01

作成しようとするフォルダが存在する場合はエラーになります。

MD C:\blog\upload\2014\08\02

DIR /AD /B /S upload

作成するフォルダは絶対パスでも指定できます。また、別のドライブも指定可能です。

オプションはありません。

*1:uploadフォルダ以下にあるフォルダのパスと名前を全て表示

*2:コマンド拡張機能が有効になっている場合。デフォルトでは有効