読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コマンドプロンプトでCD(CHDIR)コマンドを使ってみる

コマンドプロンプト

CDコマンドはコマンドを実行する現在のディレクトリ(フォルダ)を変更します。 CHDIRでも基本的な動作は同じです。

一般的な使い方としては、

CD ディレクトリ名

になります。

CD

現在のディレクトリ名が表示されます。

CD ..

現在のディレクトリから親(一つ上)のディレクトリに移動します。

CD /

現在のドライブのルートディレクトリに移動します。

CD /D R:\

/Dスイッチをつけると、システムドライブ以外のドライブに変更できます。

CD C:\txt\a b\

移動先のディレクトリ名にスペースが含まれている場合(例みたいな名前のつけかたはしないと思いますが)、 ダブルクォーテーションで囲む必要があるんですが、コマンド拡張機能がオンになっているので不要です。

CD C:\txt\a b\ CD "C:\txt\a b\"

コマンド拡張機能がオフ(CMD /E:OFFで新しくコマンドプロンプトを起動するなど)の状態で実行するとエラーになります。

スイッチ(詳細についてはCD /?を参照)

/D ドライブを変更する