読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

図書館で借りた本に引かれていた鉛筆の線

最近図書館で借りた本を読んでいたら、ところどころ鉛筆で線が引かれていたり、チェックがされていました。

過去にもいくつかそういう本はあって、「あぁ、この線を引いた人はここに興味があったのか」とか、途中から線が引かれなくなっていると「全部読まなかったのかな…」とか、線が引かれていると自分が興味あるなしに関係なく注意がいってしまうので、可能であれば消してしまいます。*1

その線はいつ誰が引いたのか分かりません。ものすごく古いものかもしれないし、新しいものかもしれない。そもそも図書館の本に線を引いたらダメでしょ…と言いたくなるんですが、もしかしたら寄贈された本で、最初からあったものかもしれない。

実はものすごく著名な誰かが引いた線で歴史的価値が…なんてことはまずないでしょうが、可能な限りキレイにしたほうがいいのか、放置するのがいいのか。自分は前者だと思っていましたが、場合によっては本を傷めてしまう可能性もあるわけで、改めて考えてみるとどっちがいいんだろうと思います。

*1:あれこれ思いをめぐらせるのが楽しいという人もいるのかもしれませんが