読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

短距離を走るのに左右の脚の切り返しを意識するようになった

陸上競技

これまで自分が走るとき(短距離)は、身体を一本の軸とすると、重心が真ん中にあって脚の回転で重心を前に進めていくイメージを持っていました。

最近は脚を回転させるよりも、接地する脚に体重を思いっきりのせて、左右の切り返しとキックするタイミングを意識して走るようにしています。体重をしっかりのせることで結果的にキックが強くなって前に進む感覚。今の自分が速いと感じるだけですし、もともとの意識が間違ってたんだとすると多少ショックもありますが、こういう感覚を積み上げていって記録に結びつけたいところです。