Perfumeのニューアルバム『Future Pop』が2018年8月15日に発売

5月のホールトゥワー終了時にニューアルバムの発売が発表されてから約1ヶ月、タイトルと楽曲など、詳細が発表されました。

www.perfume-web.jp

「Future Pop」ってここ最近の楽曲を表わすようなストレートなタイトルできたなぁという印象で、収録される12曲のうち半数が新曲。シングルで発売済の曲のリミックスは無いようで、調べてみたら「GAME」以来。

完全生産限定盤では、特典のBlu-rayにシングル発売記念で配信されたライブや、2017年の紅白歌合戦の「Tokyo Girl」、3月に上演されたReframeから「FUSION」などが収録。アルバム「LEVEL3」から始まった「Perfumeのただただラジオが好きだからレイディオ」は今作で3回目。こちらは通常盤にも収録される模様。

Reframeは単体でもBlu-ray/DVDを発売しませんか…

9月からはこのアルバムをひっさげてアリーナツアー。毎回同じコメントになってしまうけど、アルバムもツアーも攻めに攻めた内容であってほしいなと思います。

【早期購入特典あり】Future Pop(完全生産限定盤)(Blu-ray付)【特典:未定】

【早期購入特典あり】Future Pop(完全生産限定盤)(Blu-ray付)【特典:未定】

「NEOGEO mini」の収録タイトルや発売時期など詳細が発表

先日発売が発表されたNEOGEO mini。収録タイトルや発売時期など詳細が動画で公開されました。

収録タイトルは、通常版が格闘ゲーム中心、インターナショナル版がアクションゲーム中心になるとのこと。4gamerさんの記事に分かりやすくまとめられてます。

www.4gamer.net

「ファイターズヒストリー」や「豪血寺一族」のシリーズも収録して欲しかったけど、SNKの40周年記念だから、もともと他のメーカーのゲームは予定はなかったのか、収録数のバランスや権利関係で調整がつかないからやめたのかは分からない。

本体のコントローラーは飾りなのかと思ってたら、電源さえあれば本体だけで遊べるようボタン配置など工夫を凝らしたようで、操作している様子が動画にも。夢中になったらレバー壊してしまわないか、ちょっと心配になるギリギリのサイズ感。ミニファミコンやミニスーパーファミコンに比べて周辺機器が充実してるのが良さそう。

発売時期は2018年の夏、価格についてはまだこれからということで、欲しい気持ちがより高まりました。

「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ50周年記念バージョン」の発売が発表

5月14日にミニファミコンの新バージョンが発表されてました。週刊少年ジャンプ50周年を記念したもので、発売は2018年7月7日。

www.nintendo.co.jp

こちらは動画。ジャンプで連載されていたマンガのゲームを中心に20タイトルが収録。遊んだことがあるのはファミコンジャンプ、ドラゴンボール、聖闘士星矢、キャプテン翼、ドラゴンクエスト、キン肉マン。一番印象に残ってるのはファミコンジャンプだけど、クリアどころかわりと序盤で挫折したような気がする。

発売を知ったのは14日の夜で、そのころにはもう主要なネットショップの予約受付は終了してたはず。商品のページを見ても限定なのか継続的に販売するのか不明だけど、店頭販売分はあると思うのでそちらに期待するしかなく。ミニファミコンにしろミニスーパーファミコンにしろ、今後また収録タイトル違いのバージョンが出るってことだろうか。

USBスピーカー「OVO」に支援してみた

現在は支援の受付終了してるので、締切過ぎてから書くなよっていう話なんですけども。

greenfunding.jp

開発について知ったのはこの記事だったはず。USB接続かつこのサイズで音質が良いというのが気になり…

www.dtmstation.com

クラウドファンディングの受付は終了したものの製品の販売はされるようなので、それを待ってもいいかなと思ってたら、製品版ではアナログ入力がなくなるという発表が。テレビに使いたかったのもあって1つ分だけ支援することに。資金調達の目標金額が2000万円のところ、最終的な金額は9300万円。それだけ期待が集まったってことで、いつごろ届くのかまだ分からないけど、あとは製造がスムーズに進んでくれることを期待。

SNKからNEOGEO miniの発売が発表

ファミコン、スーパーファミコン、メガドライブときて、今度はNEOGEOミニの発売が発表された。SNKブランド40周年を記念してとのこと。

www.snk-corp.co.jp

上記ページより引用

NEOGEOのアーケード用ゲーム機は、1台のゲーム機に複数のゲームタイトルを内蔵可能なことに加え、安価な価格設定により、全国のゲームセンターをはじめスーパーや駄菓子屋などにも設置されました。またNEOGEOの家庭用ゲーム機では、ソフトウェアをアーケード用ゲーム機のROMカセットと共通化。自宅でもアーケードと同じクオリティのゲームを楽しむことが可能です。

そういえばNEOGEOはゲームセンター以外にも置いてあったし、小学生の頃だったか友達がネオジオCDを持ってて遊んだのを思い出す。家庭用のNEOGEOを持ってる人もいたような気がするけど本体を見たことはない。

40タイトルが収録予定で、本体に3.5インチ液晶ディスプレイが付属。筐体をミニサイズ化したものだし、結局は外部ディスプレイ使いたいってなりそうだし、電源の都合もあると思うのでこれくらいがちょうど良いのかもしれない。本体のジョイスティックやボタンも操作できるんだろうか。発売時期や価格など詳細は今後発表ってことで、値段に関係なくたぶん買ってしまうと思う。

CAPCOMもアーケード機のミニを出してくれってずっと思ってるしブログにも以前書いたんだけど、それに近しいストリートファイター30周年のアニバーサリーコレクションは発売未定で延期になってしまった。ぜひCAPCOMも流れに便乗してほしい。

www.capcom.co.jp