読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JINS MEME MTで100m走の解析

陸上競技

JINS MEMEのMTというモデルで陸上の100m走を解析する記事と動画を見ました。きっかけは動画がYouTubeのおすすめに表示されたので。

こちらはJINS MEME MTのページ。

jins-meme.com

こちらが解析に関する記事。記事中に動画もあります。

jins-meme.fit

加速度センサーとジャイロセンサーで走行中の姿勢や加速度がどうなっているのかを計測しフォームを可視化する試み。JINS MEME自体は知っていたものの、走る運動への活用はランニングとか長距離向けだけかと思っていました。記事中の内容がアプリの機能でどこまで計測可能なのかは分かりませんが自分でも使ってみたくなります。時期的に寒くなってきてしまったのと、現状ではJINS MEMEの取扱店舗が限られているのがネックですが…

Perfume NHK紅白歌合戦に9年連続9回目の出場が決定

Perfume

2016年もPerfumeの紅白歌合戦の出場が決まりました。9年連続9回目。

「第67回NHK紅白歌合戦」出場決定!!|Perfume Official Site

www.nhk.or.jp

昨年の紅白出場が決まった記事を書いたのがつい先日のことのようで、本番ではリアルタイムでCGに切り替わる演出に本当にびっくりしました。演出の内容も技術的な難しさも年々ハードルが上がり続けている中、今年はどんなことをやってのけてくれるのか。本来は出場が決まっただけでもありがたい話ですし、あえて技術的な演出を一切なくしてもそれはそれで面白くなるのかなと思っています。

sprint-life.hatenablog.com

Perfume「Ora2×Perfume くちもとBeauty Project」CM放送がスタート

Perfume

「Ora2×Perfume くちもとBeauty Project」のCM放送が今日からスタートしました。ちょうど今日のお昼にCMが流れてるのを見たんですが録画はできず。

www.ora2-perfume.com

特設サイトではCMの他にもメイキングやインタビューの動画が公開中。動画をYouTubeで見たら設定が限定公開(URLを知っている人だけ)になっていたので埋め込みは自粛。CMに使われているのは新曲「宝石の雨」。近いうちに新曲のシングル発売が告知されるのではないかと期待しています。11月25日にはインタビューのVol.2が公開予定になっています。

数量限定で発売されているコラボ商品は、ドラッグストアとかを何軒か見てもどこも売ってなくて通常の商品は置いてある。という感じだったので販売してたのかも分かりませんでした。CM放送がスタートしたのでこれから販売するお店が増えるのかもしれませんが、もう少し探す範囲を広げてみようと思います。

パッチ型の口内炎の薬を使ってみた

ノート

数日前から舌に大きめの口内炎ができてしまってなかなか治ってくれず、痛みをガマンするのがしんどくなってきたので、これまで使ったことがないパッチ型の口内炎の薬を買うことにしました。メーカー違いの商品が何種類かあって、これを選んだのはなんとなく最初に目についたから。

大正製薬製品カタログ/口内炎パッチ大正A/患部に貼るだけ 口内炎・舌炎治療薬

使ってみた感想としては、患部をパッチで覆うだけでも直接刺激がいかなくなるので、痛みやストレスがかなり軽減されました。位置や症状にもよると思いますが、強く押したりとかしない限りは痛みはなく、パッチがはがれた後も薬のおかげかあまり痛くありませんでした。パッチがはがれるまでは5、6時間くらいでしょうか。

塗り薬だと塗る時に痛かったり、患部以外についてしまったりするのがちょっと苦手だったので、なんでもっと早く試さなかったんだろうと思います。完治するまでの期間がこれまでよりはだいぶ楽に過ごせそうです。

【第3類医薬品】口内炎パッチ大正A 10パッチ

【第3類医薬品】口内炎パッチ大正A 10パッチ

「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が届いた

ノート

発売の発表があった9月30日にどうにか予約できたので発売日の今日届きました。

www.nintendo.co.jp

以降、説明に関する画像は載せてないのでわかりにくいかもしれませんが、ゲームをする大まかな流れとしてはこんな感じです。

  1. 本体の電源入れるとメニューが表示(表示までは数秒)
  2. 遊びたいゲームを選択
  3. ゲーム中にリセットボタンを押すと中断、メニュー画面に戻る
  4. リセットボタンを押した時点の状態が一時保存される
  5. 4を本体に保存するか、他のゲームを選択すると消去される

中断した状態を本体に保存できるのはゲーム毎に4つまで。セーブ機能を使うものについては再開した状態で上書きされるようです。その他には画面表示の設定などができます。全体として切り替えや読み込みはスムーズでした。ゲーム中にもともとある読み込みの表示や処理落ち(敵がたくさん表示されたときにスローになったりすること)が無くなっているわけではありません。

一番気になったのはやっぱりコントローラ。大きさを測ってみたら縦が3.5cm、横が8.5cm。窮屈に感じるときもあるけどこれくらいならという印象です。手が大きい人だとちょっと厳しいかも。また、コードが本体に直付けなのでユーザーによる交換ができません。夢中になってくると十字キーやボタンを強く押してしまうのは変わらないので、無線化したりコントローラが買い替えできる仕組みがあればよかったと思います。そういう部分も含めてファミコンを再現してるのかもしれませんが。ちなみに本体の大きさも測ってみたら縦14.5cm、横10cm(コントローラ除く)でした。

大人になったからといって簡単にクリアできるわけではなく、むしろ1面すらまともにクリアできないゲームが多数。当時もそこまで得意だったわけじゃないし、早くも収録されている全てのゲームをクリアするのは無理じゃないかと思ってます。しかしながらこの内容で6000円ちょっとで買えるのはすごいですし、改めて違うゲームが収録されたバージョンやスーパーファミコン以降のハードの復刻も期待したいです。

sprint-life.hatenablog.com

(この記事を書いた時点ではどこも完売状態。復活するのはいつになるんでしょうか…)