読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Perfume FES!! 2015 ~三人祭~」に行ってきました

Perfume

9月22日、Perfume アニバーサリー10days day2「Perfume FES!! 2015 ~三人祭~ 」に行ってきました。

現時点では出演順にセットリストだけ書いてあります。感想などは近いうちに追加する予定(まとまりそうにありませんが…)です。

2015/09/25 16:01 追記

セットリスト他、全面的に書き直しました。断片的にしか覚えていないので、いろいろと足りていなかったり、出演者の言葉や時系列とか細かいところは違ってるでしょうが、ライブに行った人にはどうにか分かる内容にはなってるんじゃないかと思います…

オープニング

開演は16時45分。時間通りに始まると、さっそくPerfumeの三人が登場。MCとしてグランジの遠山さん(とーやま校長)が呼びこまれました。Perfumeが2008年に初の武道館ライブを行なったとき、南西の席で見てたんですよー。から、その公演のオープニングをほぼ完璧に再現。最初からPerfumeファンとしての熱量がすごかったです。

出演者の紹介(50音順。リンク先は公式ページ)

昨年までのPerfume FESは各会場でPerfumeが対バンする形式でしたが、今回は一日でPerfumeも含めると6組。出演者の登場前にPerfumeが出演オファーのために送ったメッセージビデオが流れ、終演後は次の出演者の準備ができるまで、Perfumeメンバー+とーやま校長+出演を終えたアーティストでMCという流れでした。

自分にとっては凛として時雨とPerfume以外は初ライブ。以下、出演順にセットリストと終演後のMC、感想やメモなどを。セットリストの曲名がリンクになっているものはYouTubeにあるPVなど公式の動画です。

Negicco

セットリスト

  1. 圧倒的なスタイル
  2. トリプル!WONDERLAND
  3. ねぇバーディア

「圧倒的なスタイル」ではNegiccoの三人とお客さんでラインダンスをするのがお決まりになっているみたいで、そこでPerfumeが登場。一緒にラインダンスをしていました。とりあえず自分も合わせて足を上げてみましたが、お客さんも一緒にというのがもうちょっとわかるとよかったです。

終演後のMC

MCはあ~ちゃん。最初は「わたしたちは広島を代表しているつもりできていたけど、Negiccoはネギを背負ってきてた。腹のくくり方が違う」(意訳)など、Negiccoと2004年のイベントで一緒になったときのことを話していましたが、いつのまにかネギの話がメインに。Negiccoは新潟のネギ農家が集まるサミットに参加したり、農家の方からネギの生産を継ぐために嫁に来てほしいと言われたこともあるとか。

20日の記者発表会で、あ~ちゃんが餅の味つけは砂糖醤油が好きだと言っていたのを聞こうとして、Nao☆さんが「しょうゆ醤油が好きなんですよね?」と言ってしまい、ザワつきはじめる会場。とーやま校長から「しょうゆ醤油って、それじゃただ醤油が濃くなるだけでしょ」「シークレット・シークレット(Perfumeの楽曲)みたいな?」とツッコミ&ガッツポーズが。目をおおってるのがかわいかったです。他にもいろいろ話してたと思うんですが、その印象が強すぎて。

今回のライブでは見れませんでしたが「ときめきのヘッドライナー」という曲が良くてNegiccoにハマりつつあるような。

空想委員会

セットリスト

  1. 春恋、覚醒
  2. 空想ディスコ(Perfume FES ver)
  3. 劇的夏革命

今日のFESに出演したことで、武道館での演奏とPerfumeと共演、2つの夢がかなったけど、欲がでてきてもう一つ夢ができた。空想委員会FESの実現とPerfumeをブッキングすること。「今日ここにいるお客さんの分のチケットはすでに確保してございます」なんてコメントも。

終演後のMC

MCはかしゆか。とーやま校長のマイクが何度交換しても声が入らず、入ったと思ったらノイズがのるトラブルが。かしゆかが自分のマイクをむけてあげたらお客さんから若干ブーイングを受けてました。

空想委員会はPerfumeからのオファーに対して、唯一ビデオで返事がきたようで、PVの撮影で沖縄に行ってるときに撮影したとのこと。

以前、NHKの「MUSIC JAPAN」に出演した際、クイズに全問正解したらPerfumeと握手できるというコーナーがあり、その時は三問目で失敗。その後も握手はしていないので、リベンジとして、とーやま校長が出すクイズに答えられたらかしゆかと握手できるのはどーですか!?と提案。今回も残念ながら不正解になったけど、最初にクイズの提案を受けたときに「拒否するという選択肢はありですか?」とマジメに聞いていたあたり、わざと間違えた可能性もありそう。ファンだからこそなのかもしれないけどFESに参加したアーティストの中で一番ストイックだったと思います。

WEAVER

セットリスト

  1. 僕らの永遠~何度生まれ変わっても手を繋ぎたいだけの愛だから~(オープニング)
  2. Hard to say I love you ~言い出せなくて~
  3. Boys & Girls
  4. シークレットシークレット(Perfumeの曲)
  5. Shall we dance
  6. くちづけDiamond

シークレットシークレットの途中でWEAVERとPerfumeの6人による連弾が実現。出演オファーのビデオでも「一緒にピアノが弾きたい」と言ってましたが、さすがに6人並ぶとちょっと窮屈そうでした。4月くらいにオファーのビデオもらったけど、あれをもらって断わる人なんていいない。自分達もPerfumeのことがすごく好きなんだけど、一つ前の空想委員会のやりとりを見てひかえめにすることにしたそうで。

終演後のMC

MCはのっち。PerfumeとWEAVERは年齢も同じで事務所も同じ。今では全員で食事に行くくらい仲は良いけど、WEAVERにとっては先輩なので、タメ口で話してみるんだけどすぐ敬語に戻ってしまうなんてこともあったとか。連弾ではPerfumeの三人ともピアノの経験があり、全員で唯一やった練習では一発で弾けていたらしい。のっちいわく、主メロが一番難しいので緊張していたのを「すごーい!!」とテンションを上げて緊張をやわらげようとしてくれていた*1とのこと。

あの物腰のやわらかさとさわやかな雰囲気は独特だよなぁ思いながら、最初にPerfumeがWEAVERのことを紹介したときも、「秀才」とか「わたしたちみたいなイモっぽさはない」とほめまくっていたのがなんとなくわかった気がします。

凛として時雨

セットリスト

  1. Who What Who What
  2. DISCO FLIGHT
  3. SOSOS
  4. nakano kill you
  5. 感覚UFO
  6. 傍観

もっとも衝撃的だったのは曲間にやったPerfumeの自己紹介のマネ。

「ギターボーカルのTKです」
「ベースボーカルの345です」
「ドラムのピエール中野です!! 三人合わせて」

「凛として時雨です!!」

ピエール中野さんだけじゃなく、TKさんと345さんまで揃ってポーズもやるとは。三人祭のTシャツ着てました。凛として時雨はワンマンライブでもMCでしゃべるのはほとんどピエール中野さんで、会場にいたお客さんにこれがどれだけすごいことか伝わっていたのかはわかりませんが。

終演後のMC

Perfume全員で登場。これまでの流れだと凛として時雨もメンバー全員出てくるのかと思いきや、出てきたのはピエール中野さんのみ。Perfumeのメンバーがピエール中野さんのことを「キルユー」*2と呼んでいたとは知りませんでした。

本人達とライブなどで直接話しをする機会はあまりないようで、とーやま校長がPerfumeについて語ろうとしたときも「あ、ここは俺の尺なんで」と止めたり。ここぞとばかりに喋ってました。ドラムのパフォーマンスすごいのに着ているシャツもタオルもPerfumeのもの。秋葉原で本人達からビラをもらったことがある、握手会にも行ったことがある、「Fan Service [bitter]」(写真集の方)であ~ちゃんが着てるTシャツは凛として時雨のもの。など、いろいろ語ってくれたんですが、メンバーにあんまり認識されてないように見えてしまうのが悲しいところです。

フジファブリック

セットリスト

  1. Sugar!!
  2. 夜明けのBEAT
  3. バタアシParty Night
  4. Green Bird
  5. LIFE

「今日初めてフジファブリックを見る人もいるでしょうから」とメンバー紹介の最後にさらっと「もう一人、志村*3というのがいます」と紹介。自分もフジファブリックのライブを見るのは初めてでしたが、ちょっとジーンときてしまいました。

Perfumeとは「夜明けのBEAT」でコラボ。曲前のMCで「ここで特別ゲスト、というかメインです。Perfume!!」と呼びこみ。あ~ちゃんが「もう本当に普通にファンなんで」「同じステージに立っちゃった~」とちょっと緊張している様子。でもボーカルの山内さんのことを「総ちゃん」と呼んでいたので、きっと普段から仲が良いんだろうなとは。

終演後のMC

MCは次の出演者がPerfumeなのでとーやま校長のみ。あ~ちゃんから「フジファブリックは青春」や「本当に好きです」などの伝言があったものの、「フェスとかでよく会ったりするのにあんまり直接言ってくれないんですよね」と山内さん。山内さん自身もしんどい時や落ち込んだりしたときにPerfumeの曲を聴いて救われてると言ってました。

Perfume

  1. Pick Me Up
  2. レーザービーム
  3. GLITTER
  4. NIGHT FLIGHT
  5. FAKE IT
  6. チョコレイト・ディスコ

EN. Puppy love(出演者全員で)

FAKE ITの前にMCとP.T.A.のコーナー

衣装はめずらしく?赤色がベースになっていて、day2の色に合わせたっぽいです。レーザービームで歌詞の通りに虹色のレーザーを見下ろせたのがキレイでした。

フジファブリックとの「夜明けのBEAT」でのコラボについて、あ~ちゃんは「練習までは完璧だったのに、ステージに立ったら「パーンッ」(頭が真っ白的な意味合い)ってなって一行も歌えなかった」「カメラに撮られて弱味握られてしもうた~」

P.T.A.のコーナーでは「チュッ夏パーティー」の曲が流れ三人がダンス(フリも同じ?)。見ていたときはなんでこの曲をやったのか分からなかったんですが、ユニット名が「三人祭」だからだと気づいたのは帰宅してから。

最後はPerfumeと三人祭のTシャツを着た出演者全員*4で「Puppy love」。ピエール中野さんはドラムスティックを持ってエアドラムやってましたが、スティックをくるくる回したりしてずっとフリーダム。おもしろくてそっちばっかりに目がいってしまいました。

終演

終わってみれば開演から終演まで約4時間半。Perfumeが好きな人、好きでいてくれる人達を集めたと言っていただけあって、終始なごやかな雰囲気の中、MCでは笑いがたえないライブだったと思います。退場時にチョコラBBローヤル2をもらって帰宅。来年はどういう形式になるかわかりませんが、ぜひまた開催してほしいです。

*1:WEAVERのどの人だったか思い出せず

*2:Perfumeの昔のライブでポリリズムが始まる前のポーズをとってから「それではきいてください。『nakano kill you』」→エアドラムでマネをしたのがきっかけ

*3:ボーカルの志村正彦さん。2009年12月に急逝

*4:凛として時雨はピエール中野さんのみ